ケータイ辞書JLogosロゴ 弓矢
【ゆみ-や】
[名]

や行>


[1]弓と矢。転じて、武器。
[例]「あの国の人をえ戦はぬなり。ゆみやして射られじ」〈竹取・かぐや姫の昇天〉
[訳]「あの(月の)国の人とは、戦うことはできない。弓矢で射ることもできないだろう」
[2]弓矢の道。武芸。武道。
[例]ゆみやにたづさはらん物、なにしかは我身を思はん事は候はん」〈宇治拾遺・一二・一九〉
[訳]武芸に携わるような者が、どうしてわが身を心配するようなことがあるでしょうか(いや、心配するようなことはありません)」
[3]弓矢を取る身。また、その家。武士。武家。
[例]「これぞゆみやの大将と、申すとも不足よもあらじ」〈謡・烏帽子折〉
[訳]「これこそ武家の大将と、申し上げても決して不足ではあるまい」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5091618
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ