ケータイ辞書JLogosロゴ 弓矢取り
【ゆみや-とり】
[名]

や行>

弓矢を取って用いること。また、その人。武士。
[例]ゆみやとりは、年来(としごろ)日来(ひごろ)いかなる高名候へども、最後の時不覚しつれば、ながき疵(きず)にて候ふなり」〈平家・九・木曾最期〉
[訳]武士は、常日ごろどんなに評判が高くありましても、臨終のときに失敗してしまうと、(後世に)長く恥となるのでございます」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5091620
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ