ケータイ辞書JLogosロゴ あさ-つゆ
【あさ-つゆ】
[名]

あ行>

(草木などに)朝、おりている露。消えやすいことから、はかないもののたとえにも使われる。
[例]あさつゆに濡(ぬ)れたるあさぼらけの桜に劣らず」〈枕草子・木の花は〉
[訳]「(橘(たちばな)の実の美しさは)朝露にぬれている明け方の桜に劣らない」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5092007
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ