ケータイ辞書JLogosロゴ あはれ-が・る
【あはれ-が・る】
[他][ラ四]ら/り/る/る/れ/れ

あ行>

あはれ-が・る(アワレ―)((「がる」は接尾語))[1]しみじみとした情緒を感じる。感動する。賞賛する。
[例]「この歌を、これかれあはれがれども、一人も返しせず」〈土佐・一月七日〉
[訳]「この歌に、この人あの人が感動するけれど、一人も返歌をしない」
[2]気の毒がる。同情する。
[例]「『かかる目見んとは思はざりけむ』などあはれがる」〈枕草子・うへにさぶらふ御猫は〉
[訳]「『(犬は)このような目にあうだろうとは思わなかっただろう』などと気の毒がる
[3]悲しがる。
[例]「今日を限りにこの渚(なぎさ)を別るること、などあはれがりて」〈源氏・明石〉
[訳]「きょうを最後にこの浜辺を離れること、などを(光源氏の家来たちは)悲しがって」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5092363
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ