ケータイ辞書JLogosロゴ ありとあり
【ありとあり】

あ行>

〔〔和歌〕〕〈志濃夫廼舎(しのぶのや)歌集・橘曙覧(たちばなあけみ)〉
[訳]「顔を合わせた蟻と蟻とが互いにうなずきあって、やがて何事かあるかのように西へ東へと分かれて走ってゆくよ」
<参考>蟻の集団や習性を擬人化して詠んだ連作の中の一首。ふと出あった二匹の蟻がお互いを確かめる動作をうなずきあっているととらえ、間もなく別々の方向に去るのを、人が忙しく奔走するかのように描き出している。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5092793
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ