ケータイ辞書JLogosロゴ あれ-まさ・る
【あれ-まさ・る】
[自][ラ四]ら/り/る/る/れ/れ

あ行>


[1](建物や庭などが)荒れていく一方である。ますます荒れる。
[例]「年ごろにいよいよあれまさり、すごげにておはす」〈源氏・澪標〉
[訳]「(花散里(はなちるさと)の屋敷は)ここ数年の間にますます荒れていく一方であって、(花散里は)たいへん寂しそうにしていらっしゃる」
[2]気持ちがすさんでいく一方である。心がますます荒れる。
[例]「心のとくる世なきに、あれまさりつつ」〈蜻蛉・上〉
[訳]「(夫との間で)心のうちとける時がないままに、気持ちがすさんでいく一方であって」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5092857
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ