ケータイ辞書JLogosロゴ へだた・る
【へだた・る】
[自][ラ四]ら/り/る/る/れ/れ

は行>


[1](空間的に)離れている。離れる。遠ざかる。また、間がさえぎられている。
[例]「同じ都の内ながらもへだたりて」〈枕草子・うれしきもの〉
[訳]「同じ都の中でも離れていて」
[2](時間的に)間隔があく。経過する。月日がたつ。
[例]「おぼつかなくて月日もへだたりぬるに」〈源氏・賢木〉
[訳]「気がかりなまま、月日も経過してしまったうえに」
[3](関係が)疎遠になる。
[例]「あはれもさめつつ、かく御仲もへだたりぬるを」〈源氏・賢木〉
[訳]「愛情もしだいにさめて、このようにご関係も疎遠になってしまったが」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5093862
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ