ケータイ辞書JLogosロゴ へな・る
【へな・る】
[自][ラ四]ら/り/る/る/れ/れ

は行>

間に物があってへだてとなる。へだたる。
[例]「◎一重山(ひとへやま)へなれるものを月夜(つくよ)良み門(かど)に出(い)で立ち妹(いも)か待つらむ」〈万葉・四・七六五〉
[訳]「◎山一つへだたっているのに、月明かりの夜なので門口に出てあなたは(私の訪れを)待っているであろうか」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5093886
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ