ケータイ辞書JLogosロゴ めぐら・す
【めぐら・す】
[他][サ四]さ/し/す/す/せ/せ

ま行>


[1]回転させる。くるくる回す。まわす。また、まわりを囲む。
[例]「車は輪をめぐらすことあたはず」〈平家・一一・一門大路渡〉
[訳]「(見物する人が多くて)牛車(ぎっしゃ)は車輪を回す(=前進する)ことができない」
[2](文書や口頭などで)順に知らせる。触れまわす。
[例]「それの月それの日を定めて、『花の逍遙(せうえう)あるべし』とめぐらす」〈今昔・三・一五〉
[訳]「ある月のある日を(開催する)日と決めて、『花見の宴を催すだろう』と(文書で)順に知らせる
[3]あれこれ周到に考える。思いめぐらす。くふうする。
[例]「策(はかりこと)を帷幕(ゐばく)の内にめぐらして」〈平家・七・木曾山門牒状〉
[訳]「策略を本陣の幕舎の中で思いめぐらして(勝利を収めた)」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5101085
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ