ケータイ辞書JLogosロゴ めぐら・ふ
【めぐら・ふ】
[自][ハ四]は/ひ/ふ/ふ/へ/へ

ま行>

めぐら・ふ【廻らふ・回らふ・巡らふ】(メグラ(ロ)ウ)
[1]世の中に立ちまじる。俗世に生きる。生活する。
[例]「多くの人におくるる命を、かなしく思ひ給へてこそ、さすがにめぐらひ侍れ」〈源氏・橋姫〉
[訳]「たくさんの人に先立たれた(自分の)命を、悲しく思っておりますが、やはり俗世に生きております」
[2]ためらう。逡巡(しゅんじゅん)する。
[例]「入鹿(いるか)が威(いきほひ)に畏(おそ)りて、めぐらひて進まざるを見て」〈書紀・皇極〉
[訳]「蘇我(そがの)入鹿の勢いに恐れを感じて、ためらって進まないのを見て」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5101086
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ