ケータイ辞書JLogosロゴ さ-う
【さ-う】
[名]

さ行>

さ-う【左右】(ソ―)
[1]左と右。左右(さゆう)。
[例]「舞台のさうに、楽人(がくにん)の平張(ひらば)りうちて」〈源氏・若菜・上〉
[訳]「舞台の左と右に、雅楽を演奏する人の(ための)平張り(=幕を張って作る仮小屋)を設けて」
[2]あれこれ言うこと。とやかく言うこと。非難。
[例]「九条殿の御ぱからひの上は、さうに及ばず」〈平家・四・還御〉
[訳]「九条殿(=九条兼実(かねざね))のお取りはからいであるからには、あれこれ言うことはできない」
[3](あれこれの)指図。指示。命令。
[例]「刀の実否(じっぷ)について、咎(とが)のさうあるべきか」〈平家・一・殿上闇討〉
[訳]「刀が本物か偽物かによって、罪にするかどうかの指示があるべきではないか」
[4](あれこれの)ようす。状況。
[例]「軍(いくさ)のさうをまつとみるはひがことか」〈平治・中〉
[訳]「戦いの状況を待っていると見るのは誤りか」
[5](あれこれの)知らせ。音信。便り。
[例]「そのさうを今や今やと待ちけるところに」〈太平記・八〉
[訳]「その知らせを今か今かと待っていたところに」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5105149
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ