ケータイ辞書JLogosロゴ さう
【さう】
<補動>[特活]さう/さう/さう/さう/さうへ/さうへ

さ行>

さう【候】(ソウ)((「さうらふ」の変化した語))〔活用語の連用形、また、接続助詞「て」の下に付いて〕(軽い丁寧の意を表して)…ます。…です。
[例]「腹帯(はるび)ののびて見えさうは。締め給へ」〈平家・九・宇治川先陣〉
[訳]「(馬の)腹帯がゆるんで見えますよ。お締めなさい」
<参考>中世以降に、多く男性が用いたくだけた言い方。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5105150
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ