ケータイ辞書JLogosロゴ さうぞき-わ・く
【さうぞき-わ・く】
[他][カ下二]け/け/く/くる/くれ/けよ

さ行>

さうぞき-わ・く【装束き分く】(ソウゾキ―)区別をつけるために、色や模様の異なった装束を着ける。別の装束にする。
[例]「鳥、蝶(てふ)にさうぞきわけたる童(わらは)べ八人、かたちなど殊(こと)に調(ととの)へさせ給ひて」〈源氏・胡蝶〉
[訳]「鳥や、蝶(ちょう)の姿に(それぞれ)異なった装束を着けている(舞い手の)童女八人、容姿など特別に(美しい者を)そろえさせなさって」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5105180
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ