ケータイ辞書JLogosロゴ さう-な・し
【さう-な・し】
[形][ク](く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ

さ行>

さう-な・し【双無し】(ソウ―)((「双」は二つ、または並ぶ意))並ぶものがない。比べるものがない。並ぶものがないくらいすぐれている。
[例]「城陸奥守泰盛(じゃうのむつのかみやすもり)は、さうなき馬乗りなりけり」〈徒然・一八五〉
[訳]「秋田城介(あきたのじょうのすけ)で陸奥守の安達(あだち)泰盛は、並ぶものがない馬術の名手だった」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5105190
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ