ケータイ辞書JLogosロゴ さざれ-なみ
【さざれ-なみ】
<枕詞>

さ行>

((「さざれ」は接頭語))さざ波が立つことから「立つ」に、絶え間なく立つことから「間(ま)なく」「頻(し)きて」「止(や)まず」などに、また、磯(いそ)を越すことから「磯」「越路(こしぢ)」などにかかる。
[例]「◎さざれなみ立ちても居ても漕(こ)ぎ巡り」〈万葉・一七・三九九三・長歌〉
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5105395
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ