ケータイ辞書JLogosロゴ さし-あた・る
【さし-あた・る】
[自][ラ四]ら/り/る/る/れ/れ

さ行>


[1](光などが)直接あたる。直射する。
[例]「日のさしあたりたるに、うち眠(ねぶ)りて居(ゐ)たるを」〈能因本枕草子・うへに候ふ御猫は〉
[訳]「日が直射しているところに、(猫が)眠っていたのを」
[2]((「さし」は接頭語))直面する。当面する。
[例]「先(ま)づさしあたりたる目の前の事にのみ紛れて月日を送れば」〈徒然・一八八〉
[訳]「まず直面している目前の事ばかりにかまけて月日を送っていると」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5105401
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ