ケータイ辞書JLogosロゴ ゆゑ-よし
【ゆえ-よし】
[名]

や行>

ゆゑ-よし【故由】(ユエ―)
[1]由来。因縁(いんねん)。いわれ。わけ。
[例]「◎処女墓(をとめはか)中に造り置き壮士墓(をとこはか)このもかのもに造り置けるゆゑよし聞きて」〈万葉・九・一八〇九・長歌〉
[訳]「◎乙女の墓を中央につくって置いて、(二人の)若い男の墓を(その)向こう側とこちら側につくって置いた由来を聞いて」
[2]趣のあるようす。風情。また、情趣を解するようす。
[例]「あまりゆゑよし心ばせうち添へたらむをば喜びに思ひ」〈源氏・帚木〉
[訳]「それ(=女性としての実直さ・冷静さ)以外の風情や、気立てのよさが加わっているならば(それを)うれしく思って」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5113357
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ