ケータイ辞書JLogosロゴ 竹取物語
【たけとりものがたり】

主要作品解説


作者・成立
作者は未詳。身分の高くない、漢詩文と仏典についての素養がある男性と考えられる。漢学者か僧侶そうりょかといい、僧正遍昭そうじょうへんじょう、源融とおる、源順したごう、紀長谷雄きのはせおなどの名があがるが、確証はない。 成立は平安時代前期、九世紀の末ごろと考えられる。現存最古の伝奇物語である。 題名は書き出しの「今は昔、竹取の翁おきなといふものありけり」により、「竹取の翁の物語」とも呼ばれた。『源氏物語』蓬生の巻では「かぐや姫の物語」、絵合の巻では「竹取の翁」と呼ばれている。
内容・構成
三部構成になっている。第一部にはかぐや姫の生い立ち、第二部には五人の貴公子の求婚と失敗、第三部には帝みかどの求婚とかぐや姫の昇天が書かれている。[第一部] 竹取の翁は、根元が光る竹の中に三寸ぐらいの女の子が座っているのを見つける。翁はその子を連れて帰り、妻とともに養育する。その後、翁は黄金こがねの入った竹をたびたび見つけ、裕福になっていく。女の子はたちまち美しい女性に成長し、「なよ竹のかぐや姫」と名づけられる。[第二部] 姫のもとにはたくさんの求婚者が現れたが、翁はそのうちの五人の貴公子の中から結婚相手を選ぶように姫を説得する。姫は五人に難題を与え、その品を持ってきた人と結婚すると約束する。 (1)石作いしつくりの皇子みこ …天竺てんじくの仏の御石の鉢 (2)くらもちの皇子みこ …蓬莱ほうらいの玉の枝 (3)阿倍右大臣あべのうだいじん…火鼠ひねずみの皮衣 (4)大伴おおともの大納言…竜たつ の頸くび の玉 (5)石上いそのかみの中納言…燕つばくらめの子安貝 石作の皇子は鉢のまがい物を手に入れ、くらもちの皇子は枝を工匠に作らせ、阿倍右大臣は皮衣を唐土の商人から買い取ってそれぞれ持参するが、いずれも姫に偽物と見破られてしまう。また、大伴の大納言は玉を手に入れるため自ら船出するが、挫折ざせつする。そして石上の中納言は重症を負い、亡くなってしまう。[第三部] 帝が姫に求婚するが、姫に拒否され、帝は姫との文通に心を慰める。そして三年がたったある夕べ、月を見ては泣いていた姫が、自分は月の都の人であることを明かす。帝や翁は姫が月に帰らないよう手を尽くすが、八月十五夜、姫は天に帰っていった。
文体・特色
「いはく…といふ」「しかれども」「ごとし」など漢文訓読法を交えた素朴で簡潔な和文体と、係り結びや助動詞「けり」で結ぶ文を用いて物語をする感じを出した文体とが共存している。 貴公子たちが失敗する話は、人の心の醜い面を表現していて興味深い。また、第三部では、月の世界に戻りたくないかぐや姫の言動から、多くの欠点をもつ人間こそ逆に理想を追い求め、また親子の絆きずなや友情というかけがえのないものをもっていることを教えられる。こういった点にこの物語の永遠の魅力があるのであろう。 特色としてはほかに、『竹取物語』をもとにした民間語源説がしばしば見られるということがある。石作の皇子が鉢を捨てて求婚し続けたことから、厚かましくなることを「恥を捨つ」という、また阿倍右大臣が持参した火鼠の皮衣が燃え尽きたことから、目的が遂げられないことを「あへなし(阿倍無し)」という、といったものである。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5113634
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ