ケータイ辞書JLogosロゴ ボウモア
アイラ島最古の伝統が生み出したベストバランスを持つ“ 最後の酒”

[写真/イラスト]
ウイスキー>アイラ

ボウモアとはゲール語で「大きな岩盤」の意味。1779年に地元の商人デビッド・シンプソンが創業したアイラ島最古の蒸溜所である。フロアモルティングや木製の発酵槽などの伝統的な製法を守り、樽詰めされた原酒は海抜ゼロメートルの潮風にさらされた貯蔵庫で熟成される。ウイスキー通からは「最後に行き着く酒」と呼ばれるが、強烈な個性を持つアイラ・モルトの中ではピート香も適度で比較的飲みやすく、アイラの初心者におすすめだ。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)洋酒手帳」
JLogosID:8515540
最終更新日:2012-02-06




ケータイ辞書 JLogosトップ