ケータイ辞書JLogosロゴ Bluetooth
【ぶるーとぅーす】

[写真/イラスト]
基本用語

 パソコン携帯電話、家電などを無線で結ぶための通信規格。通信距離はClass1からClass3までの3段階で定義されており、Class1の機器だと100m、Class2の機器だと10m、Class3の機器だと1mとなる。
 各種の機器に対応するために、機器ごとの通信プロトコルプロファイルとして定める。主なプロファイルとして、ネットワーク上の記憶装置データを転送するためのFTP(File Transfer Profile)や、プリンターの印刷に特化したBPP(Basic Printing Profile)、無線音響機器に最適化したA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)などがある。
 1999年7月にスウェーデンのエリクソン、米IBM、米インテル、フィンランドのノキア、東芝の5社が中心になって最初の規格(Bluetooth 1.0)を発表した。当初の最大データ転送速度は1Mbpsだったが、2004年11月に発表したBluetooth 2.0+EDR(Enhanced Data Rate)で3Mbpsに引き上げた。2009年4月には、IEEE 802.11の技術を取り入れて最大データ転送速度を24Mbpsに高速化したBluetooth 3.0+HS(High Speed)の仕様を公開。同年12月には省電力機能を追加したBluetooth 4.0の仕様を公開した。

【図版の説明】
Bluetoothパソコンに接続してBluetooth通信を送受信するドングル

【参照語】
IEEE 802.11b
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「日経BPパソコン用語辞典」
JLogosID:8528305
最終更新日:2012-05-29




ケータイ辞書 JLogosトップ