ケータイ辞書JLogosロゴ CCD
【しーしーでぃー】
charge coupled device

基本用語

 光を電気信号に変換する撮像素子。電荷結合素子ともいう。デジタルカメラデジタルビデオカメラスキャナーデジタル複写機などの読み取り部で使われる。同じ目的で利用される撮像素子には、デジタルカメラではCMOSイメージセンサースキャナーではCISがある。
 画素数が増えるほど、高精細な画像を作成できる。コンパクトデジカメのCCDは、1999年に200万画素、2000年春に300万画素と高画素化が進み、1200万画素を超える製品が一般的になった。

【参照語】
撮像素子
CMOSイメージセンサー
CIS
デジタルカメラ
スキャナー
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「日経BPパソコン用語辞典」
JLogosID:8528310
最終更新日:2012-05-29




ケータイ辞書 JLogosトップ