ケータイ辞書JLogosロゴ タッチインタフェース
touch interface

基本用語

 タッチパネル付きディスプレイを用い、表示画像に指先で触れて操作する方式。スマートフォンなどの携帯機器や現金自動預払機(ATM)などのオンライン端末に多い。スマートフォンなどでは2本以上の指先で操作できるマルチタッチ方式に対応する製品が多く、それらをマルチタッチインタフェースと呼び分ける場合もある。
 タッチインタフェースでは、指先で画面を軽くたたく操作をタップ(tap)、軽く払う操作をフリック(flick)と呼ぶ。マルチタッチ方式では、2本の指でつまむような操作をピンチ(pinch)と総称し、指の間を広げる操作をピンチアウトやピンチオープン、狭める操作をピンチインやピンチクローズなどと呼ぶ。

【参照語】
ユーザーインタフェース
マルチタッチ
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「日経BPパソコン用語辞典」
JLogosID:8528672
最終更新日:2012-05-29




ケータイ辞書 JLogosトップ