ケータイ辞書JLogosロゴ データベース
database

基本用語

 データを、ある一定のルールで蓄積したもの。通常は、データを蓄積するための枠組みと検索の仕組みを提供するデータベースソフトを用いる。単純な構造のデータベースならば表計算ソフトなどでも作成できる。
 データベースに蓄積されるデータそれぞれをレコードと呼び、レコード内の各項目をフィールドもしくはカラムと呼ぶ。例えば住所録データベースなら、「A氏に関わる住所や電話番号など全データ」「B氏に関わる住所や電話番号など全データ」といった単位がレコードであり、「住所」や「電話番号」の項目がフィールドに当たる。また、これらの情報を表示したり、印刷したりするためのレイアウト情報をフォームやレポートと呼ぶ。データベースを作るときは、まずフィールドを定義し、入力作業用のフォームも作成する必要がある。
 クライアントサーバーシステムなどネットワーク環境で使うデータベースを、データベースサーバーという。これらを含めて、データベース管理システムとも呼ぶ。

【参照語】
データベースソフト
データベースサーバー
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「日経BPパソコン用語辞典」
JLogosID:8528697
最終更新日:2012-05-29




ケータイ辞書 JLogosトップ