ケータイ辞書JLogosロゴ デジタルビデオカメラ
digital video camera

基本用語

 映像をデジタル化して記録するビデオカメラ。1995年にDV形式のテープにデジタル記録するビデオカメラ(DVカメラ)が登場、広く普及した。2004年ごろから、MPEG-1MPEG-4などの形式でDVDハードディスクに記録するタイプに置き換わった。2010年ごろから、AVCHD形式でメモリーカードや内蔵メモリーに記録するタイプが急速に普及した。記録用のテープやディスクを駆動する部品が不要になったことで小型化が進んだ。
 一般のデジタルカメラスマートフォンなどのカメラ付き携帯機器でも、デジタル動画が撮影できる製品は多い。長時間撮影などでの使い勝手は、デジタルビデオカメラの方が優れる。

【参照語】
DV
HDV
HDDビデオカメラ
DVDビデオカメラ
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「日経BPパソコン用語辞典」
JLogosID:8528705
最終更新日:2012-05-29




ケータイ辞書 JLogosトップ