ケータイ辞書JLogosロゴ パケット通信
【ぱけっとつうしん】
packet communication

基本用語

 データ通信時、送受信するデータを小さな単位(パケット)に分割し、これを一つひとつ送受信する通信方式。各パケットには、宛先や全データ中のどの部分かを示す情報が付加される。誤り検出や訂正のための情報も付加されるので、エラーなしにデータを送受信できる。
 パケット通信では、1つの通信回線に送信元、送信先の異なる通信のパケットを乗せることができ、回線交換方式のように通信中の利用者が占有し続けることがないので、回線を効率良く利用できる。インターネットの標準プロトコルTCP/IPなど、デジタル通信ではこの方式が広く使われる。
 iモードEZwebYahoo!ケータイなど、携帯電話IP接続サービスも、ほとんどがパケット通信に移行しており、送受信したデータの量に応じて課金する。この場合、通常の音声通話と異なり、回線を接続したままの状態でもデータを送受信していない限りは課金されない。

【参照語】
iモード
EZweb
Yahoo!ケータイ
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「日経BPパソコン用語辞典」
JLogosID:8528751
最終更新日:2012-05-29




ケータイ辞書 JLogosトップ