ケータイ辞書JLogosロゴ パソコン
personal computer

基本用語

 個人用コンピューター全般。パーソナルコンピューターの略語であり、通常はWindowsパソコンMacなどを指す。米国ではパソコンに該当する略語としてPCが用いられるが、これは主にWindowsパソコンを指し、Macを含めない場合が多い。
 パソコンが登場したのは1970年代後半のこと。当時はマイクロコンピューター(マイコン)と呼ばれた。ほとんどが8ビットCPUを搭載。プログラミングを楽しんだり、シンプルなゲームで遊んだりといった用途が大半だった。
 1980年代に入ると16ビットCPUを搭載したパソコンが登場。処理能力が高まったことで、ワープロや表計算などアプリケーションソフトの製品化が進み、パソコンのビジネス利用が急速に進んだ。
 1990年代にCPUの主流が32ビットに移行すると、PC AT互換機やNECのPC-9800シリーズ用のOSとしてWindows 3.1が登場、Mac OSと同様にアイコンウインドウ画面を中心としたグラフィカルなユーザーインタフェース(GUI)が普及した。初心者でも容易にパソコンを操作できる環境が整い、パソコンがオフィスや家庭に普及し始めた。1990年代後半には、Windows 95インターネット電子メールが起爆剤になり、パソコンの普及が一気に加速した。

【参照語】
IBM PC AT
Windows
Macintosh
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「日経BPパソコン用語辞典」
JLogosID:8528756
最終更新日:2012-05-29




ケータイ辞書 JLogosトップ