ケータイ辞書JLogosロゴ 光ディスク
【ひかりでぃすく】
optical disk

[写真/イラスト]
基本用語

 金属薄膜の円盤に微細な凹凸などでデータを記録してあり、レーザー光を当てて反射する光の変化でデータを読み取るタイプの記録メディア。普通、円盤はプラスチックなどでコーティングされる。ブルーレイディスクDVD、CD、MOなどがある。再生専用型と追記型、書き換え可能型に分類される。
 再生専用型は、ディスク面の凹凸として記録されるピットをレーザー光で読み取る方式。安価で大量に複製できる。
 追記型は、記録膜の性質をレーザーで変化させるなどの方式。個別に記録できるが、一度記録した領域への上書きはできない。追記する場合は未使用領域に書き込んでいく。記録したデータを物理的に書き換えられないという特性を生かし、保存用文書ファイルや大量データの蓄積用に向く。
 書き換え可能型は、一度記録した領域の信号を消して、同じ領域に新たな信号を書き込めるので、何度も繰り返して使用できる。

【図版の説明】
光ディスク】主要な光ディスクの物理構造

【参照語】
相変化
ブルーレイディスク
CD
DVD
MO
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「日経BPパソコン用語辞典」
JLogosID:8528767
最終更新日:2012-05-29




ケータイ辞書 JLogosトップ