ケータイ辞書JLogosロゴ レーザープリンター
laser beam printer;LBP

[写真/イラスト]
基本用語

 オフィスなどで利用されるページプリンター。レーザービームで感光体上を走査して画像を生成し、感光体に付着したトナーを紙に転写して熱と圧力で定着させる。
 レーザーには半導体レーザーを利用し、走査には回転多面鏡(ポリゴンミラー)を使う。A3判に対応した機種はオフィス向けで、高性能なCPUや専用チップ、数十MBまたは数百MBのメモリーを搭載する製品が多い。
 カラーのレーザープリンターでは、CMYK(シアン、マゼンタ、黄、黒)4色のトナーを重ね合わせる。4色分の印刷機構が必要になるため、本体サイズは大きい。

【図版の説明】
レーザープリンター】レーザー光線で感光ドラム上に像を形成し、付着したトナーを用紙に転写する

【参照語】
ページ記述言語
ページプリンター
PostScript
ポリゴンミラー
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「日経BPパソコン用語辞典」
JLogosID:8528879
最終更新日:2012-05-29




ケータイ辞書 JLogosトップ